#openframeworks

Intel RealSense Depth Camera D435を動かす

Intel RealSense Depth Camera D435を動かす 今回は、深度カメラのIntel RealSense Depth Camera D435をopenFrameworks(c++)から動かして行きたいと思います。   RealSenseとは? まず、Intel RealSense Depth Camera D400シリーズについて簡単に説明していきます。 こ

#c++#depth camera#openFrameworks#real sense 2019.06.27
VIEW

Webカメラで人検知センサーをつくる

今回はwebカメラベースの人検知センサーを実装していきます。 openFrameworks上でopenCVの輪郭抽出を使って実装しました。 openCvとは 実装に移る前にopenCvについて説明していこうと思います。 openCvは、コンピュータビジョンのオープンソースライブラリーです。 大きく分けて、イメージプロセッシング系とディテクション系の機能を提供しています。 イメー

#OpenCV#openFrameworks 2018.04.17
VIEW

SIT DOWN PLEASE

IDEA SEED デパートや遊園地など、子連れで訪れたファミリー層向けを想定して、「お母さんやお父さんを座らせて休ませないと遊ぶことができない」っていうのがあったらいいなと思い、kinectで「座ったことを検出してイベントが発生する」というのを作っていこうと思います。 openNI 座ったことを検出するのに、openFrameworks(以下oF)でopenNIを使って検出していこ

#kinect#openFrameworks#openNI 2017.04.13
VIEW

FINGER SNAP

特定の音に反応してシャッターが切られる仕組みを作ってみようと思います。 スナップショット シャッターを切るといってもカメラを遠隔操作で操るというのは今回はしません。 ウェブカメラから取り込まれた映像を表示して、その表示された映像から特定範囲をスナップショットで画像として保存していくということをしていきます。 スナップショット自体はすごく簡単でopenFrameworksのexample

#openFrameworks 2017.04.13
VIEW

Fashion LAB #2

Fashion LABと題した、Fashion×Disitalを探求する第2回です。 今回も第1回目同様、画像処理ベースのサイネージ系のモックアップを作ってみました。 ofxFlowToolsを使ってみる 今回はopenFrameworksのadd-onであるofxFlowToolsを使って、オプティカルフローを用いた流体のシミュレーションやパーティクルを飛ばしたりしています。 ofx

#openFrameworks 2017.02.20
VIEW

Fashion LAB #1

Fashion LABと題しまして、Fashion×Digitalの研究をモックアップで不定期的に探求・発表していきたいと思います。 第1回目は画像処理を用いたディスプレイメインのモックアップです。 検出された箇所の色の抽出 openFrameworksでopenCVを使うadd-onのofxCvを用いて服の模様や柄を検出し、検出した箇所の中心の色をそれぞれ抽出し新たに描画することで、模様

#openFrameworks 2017.02.06
VIEW

openFrameworksセットアップ for mac

openFrameworksを始めよう openFrameworks 略して「oF」とは、創造的なコーディングのためのC++のオープンソースツールキットです。 巷では、processingやmax/mspなど含めクリエイティブコーディングなんて言われています。 デザイナーやアーティスト・建築家たちが容易にインタラクティブなコンテンツや創造的な表現が、高度なプログラミング知識なしで作れ

#openFrameworks#Xcode 2016.11.30
VIEW

心拍が同期した時、人は?

Pulse Synchronization 人の無意識に動いている部分や 意識してもコントロールできない部分を 意識的に動かすにはどのようにしたらいいか? その時どのような行動をするのだろうか? openFrameworksとArduinoの連携の勉強として 以下の実験をしてみます。 心拍の同調 体験者は2人で各々、指、又は耳にPulseSensorを装着し、PulseSen

#PulseSensor#Arduino#openFrameworks 2016.11.28
VIEW