#javascript PAGE2

TensorFlow.js学習済みモデルによる推論を実行

TensorFlow.jsを試す 以前の投稿で、PythonやC言語などで実行可能なTensorFlowのセットアップ手順を紹介しておりますが、今回は、Javascriptで実行するTensorFlow.jsを動かしてみた手順をまとめます。 TensorFlow.js TensorFlow.jsは、Webブラウザ上で機械学習のモデルの構築、学習、学習済みモデルの実行などが可能にな

#TensorFlow#html5#javascript 2018.10.10
VIEW

Web Bluetooth APIでBLE通信

WebブラウザでBLE通信 今回はWeb Bluetooth APIを利用して、PCのWebブラウザとRaspberry Piの間でBLE通信をしてみたいと思います。 BLE通信とは BLEとはBluetooth Low Energyの略で、Bluetoothのバージョン4.0以降のものを指します。 従来の規格に比べて、省電力かつ省コストで通信や実装を行うことができます。バージ

#Bluetooth#javascript#RaspberryPi 2018.09.25
VIEW

Cordovaハイブリッドアプリの作り方 #3

前回で、既存のPluginを追加したアプリの作製ができるようになりました。 今回は、Pluginを自作して、取り込み、目標のアプリ完成を目指します。 Plugin作製 近接センサのみを利用するPluginが存在してなさそうだったので、作ってみました。今回はAndroid対応のみです。 Cordova documentでは、Plugin Developmentを参考に進めます。更に、

#Android#Cordova#HybridApp#java#javascript 2018.04.11
VIEW

Cordovaハイブリッドアプリの作り方 #2

前回は、ハイブリッドアプリやCordovaについての説明と、これから作製するアプリについて説明しました。 今回は、Cordova documentのCreate your first app を試します。開発手順としては、Cordova開発環境構築、Cordova app 作製、Core pluginの追加です。 これに追加して、Core plugin動作確認、Cordova上のJavaS

#Android#Cordova#HybridApps#java#javascript 2018.04.11
VIEW

Cordovaハイブリッドアプリの作り方 #1

アプリケーションが現実世界の影響を受けてインタラクティブな動きをするには、センサやカメラ、マイクなどハードウェアからの入力が必要です。  “ハイブリッドアプリ”の形を取ることで、Web技術からハードウェアの機能を利用でき、様々なデバイス上で、より新しい表現や仕掛けを提供できると考えています。 また、JavaScriptを主とするWeb技術による表現を得意とするチームスキルを活かすこともでき

#Android#Cordova#HybridApps#java#javascript 2018.04.11
VIEW

PreloadJSでクロスドメイン画像をXHR読み込み

別ドメインサーバーに配置された軽めの画像を先に読み込み、重たい画像を後から読み込むページの実装をしていたのですが、 PreloadJSを使った画像の事前読み込みをしようとした際につまずいた点がありました。 PreloadJSを使ったクロスドメイン画像の読み込み 通常、PreloadJSを使ってクロスドメイン画像を読み込む際はLoadQueueのインスタンスを作る際に引数にfal

#javascript#PreloadJS 2017.07.31
VIEW

banding

snow noiseでテレビっぽいノイズを探る中で細切れのグラデーションにしたらいいんじゃないかという結論に至った後、グラデーションをアニメーションさせたらどうなるんだろうと思って試してみたらちょっとアートな感じになったのでアップしてみました。 バンディングとは web界隈では、繊細なグラデーションの画像をjpgで書き出してしまったときに遭遇するあの段々です。 [jpg]

#javascript#canvas 2016.12.12
VIEW

snow noise

ノイズの習作 #01 表現にちょっとしたフックに何かないかとを検討することはよくありますが、ノイズはビジュアルで利用するにしても、ロジック部分だけ利用するにしても汎用性が高いため、「拡散」と並んで登場機会が比較的多い実装の一つです。 社内の情報共有も兼ねて、いろいろな種類のノイズのロジックをまとめていきたいということで、今回はその第一弾です。 ベースの実装 まずは描画部分の実

#javascript#canvas 2016.12.12
VIEW

lifegame

生命の衰勢のシミュレーションで有名な「lifegame」です。 「boids」と同様に、「誕生」「生存」「過疎」「過密」の単純な4つのルールによって動作します。 処理対象セルと近傍セルの状態によって処理対象セルの状態が変化します。 生きたセルが隣り合うと生き残るか次世代が生まれますが、セルが過密すぎたり、間が空きすぎると死滅します。 セル・オートマトンと呼ばれる種類のロジックで

#javascript#canvas 2016.11.22
VIEW

delaunay

描画系の表現でよく見かけるドロネー三角形です。 三角形描画の部分に関しては、こちらを参考にさせていただいています。 ただ三角形を描くのみだと少し味気ないかと思い、今回は、画像をベースに三角形を描くことにチャレンジしました。 また、せっかく画像をベースにするのだからいろいろな画像でスライドショーのようにできないかと考え、今回は3枚の画像をループで切り替えるようにしました。 このペー

#javascript#canvas 2016.11.22
VIEW