ARTICLE PAGE6

Fashion LAB #2

Fashion LABと題した、Fashion×Disitalを探求する第2回です。 今回も第1回目同様、画像処理ベースのサイネージ系のモックアップを作ってみました。 ofxFlowToolsを使ってみる 今回はopenFrameworksのadd-onであるofxFlowToolsを使って、オプティカルフローを用いた流体のシミュレーションやパーティクルを飛ばしたりしています。 ofx

#openFrameworks 2017.02.20
VIEW

Fashion LAB #1

Fashion LABと題しまして、Fashion×Digitalの研究をモックアップで不定期的に探求・発表していきたいと思います。 第1回目は画像処理を用いたディスプレイメインのモックアップです。 検出された箇所の色の抽出 openFrameworksでopenCVを使うadd-onのofxCvを用いて服の模様や柄を検出し、検出した箇所の中心の色をそれぞれ抽出し新たに描画することで、模様

#openFrameworks 2017.02.06
VIEW

ウェアラブルEXPO2017 レポート#2

2017年1月18日[水]~20日[金]に東京ビッグサイトで開催された ウェアラブルEXPOという展示会の第1回に引き続き、第2回レポートです。 "圧電組紐(Piezoelectric Braided-Cord)" 関西大学とTEIJINが研究・開発している圧電組紐センサ 目を引いたのはチョーカー型の脈拍スマホ計測システムで、日本伝統の「飾り結び」を利用して回転・揺れ・脈拍等の

#report 2017.01.24
VIEW

ウェアラブルEXPO2017 レポート#1

2017年1月18日[水]~20日[金]に東京ビッグサイトで開催された ウェアラブルEXPOという展示会に行ってきたので、2回に分けてレポートします。 ウェアラブルEXPOとは? ウェアラブルEXPOは、ウェアラブル端末や、センサー、電子部品などの研究・開発を行っているメーカーや大学が、 ウェアラブルを業務活用したい企業や新規参入企業に向けて、新製品や開発中の製品を展示する場です。 毎

#report 2017.01.23
VIEW

banding

snow noiseでテレビっぽいノイズを探る中で細切れのグラデーションにしたらいいんじゃないかという結論に至った後、グラデーションをアニメーションさせたらどうなるんだろうと思って試してみたらちょっとアートな感じになったのでアップしてみました。 バンディングとは web界隈では、繊細なグラデーションの画像をjpgで書き出してしまったときに遭遇するあの段々です。 [jpg]

#javascript#canvas 2016.12.12
VIEW

snow noise

ノイズの習作 #01 表現にちょっとしたフックに何かないかとを検討することはよくありますが、ノイズはビジュアルで利用するにしても、ロジック部分だけ利用するにしても汎用性が高いため、「拡散」と並んで登場機会が比較的多い実装の一つです。 社内の情報共有も兼ねて、いろいろな種類のノイズのロジックをまとめていきたいということで、今回はその第一弾です。 ベースの実装 まずは描画部分の実

#javascript#canvas 2016.12.12
VIEW

openFrameworksセットアップ for mac

openFrameworksを始めよう openFrameworks 略して「oF」とは、創造的なコーディングのためのC++のオープンソースツールキットです。 巷では、processingやmax/mspなど含めクリエイティブコーディングなんて言われています。 デザイナーやアーティスト・建築家たちが容易にインタラクティブなコンテンツや創造的な表現が、高度なプログラミング知識なしで作れ

#openFrameworks#Xcode 2016.11.30
VIEW

照光式押ボタンの実装

こちらの記事でも書かれている「MONEY COLOSSEUM」という格闘ゲームを作る際に、Arduinoを使ったボタンを作成しました。 格闘ゲームというからには、ボタンというのも こういう、電子工作でよく見かけるタクトスイッチではなく、 こういう、いかにもゲームらしいボタンです。 必要な機材 1.ボタン×1 千石電商さんで取り扱われているOBSA-60UMを使

#Arduino 2016.11.30
VIEW

サインスマート6自由度ロボットアームのセットアップ

ロボットアームをいじってみる ロボットアームが手頃な価格で購入できる時代になり、いつかはいじってやろうと思っていたので、いじってみた感想とArduino・ロボットアーム初心者の僕がハマった落とし穴をメモ的に書こうと思います。 用意するもの 公式サイトのセットアップガイドを参考に SainSmart DIY 6-Axis Servos Control Palletizing

#Arduino#RobotArm 2016.11.30
VIEW

心拍が同期した時、人は?

Pulse Synchronization 人の無意識に動いている部分や 意識してもコントロールできない部分を 意識的に動かすにはどのようにしたらいいか? その時どのような行動をするのだろうか? openFrameworksとArduinoの連携の勉強として 以下の実験をしてみます。 心拍の同調 体験者は2人で各々、指、又は耳にPulseSensorを装着し、PulseSen

#PulseSensor#Arduino#openFrameworks 2016.11.28
VIEW