Fashion LAB #2

2017.02.20

Fashion LABと題した、Fashion×Disitalを探求する第2回です。
今回も第1回目同様、画像処理ベースのサイネージ系のモックアップを作ってみました。

ofxFlowToolsを使ってみる

今回はopenFrameworksのadd-onであるofxFlowToolsを使って、オプティカルフローを用いた流体のシミュレーションやパーティクルを飛ばしたりしています。
ofxFlowToolsの何がいいのかというと、exampleがもうすでに作品レベルなので、パラメーターをいじって一日中遊べます。
ですので、今回のモックアップはほとんどexampleベースのもの(少しコードを自分好みにいじくった程度)ですので、コードを掲載しません。
しかし、問題なのがやはり流体シミュレーションやパーティクルを飛ばしまくると、マシンにもよりますが最大15fpsしか出ないというところ。
3D空間だともっと面白いことができそうだなと思いつつも、この重さで3Dにするのは気まで重くなります。
ですが、簡単にかっこいい流体シミュレーションができるのはとてもありがたいです。
もっと色々試してみたいですね。