Fashion LAB #1

2017.02.06

Fashion LABと題しまして、Fashion×Digitalの研究をモックアップで不定期的に探求・発表していきたいと思います。
第1回目は画像処理を用いたディスプレイメインのモックアップです。

検出された箇所の色の抽出

openFrameworksでopenCVを使うadd-onのofxCvを用いて服の模様や柄を検出し、検出した箇所の中心の色をそれぞれ抽出し新たに描画することで、模様や柄が拡張されるような、そんな感じのを作っていきたいと思います。
とりあえず先にコードを載せます。

[ofApp.h]


[ofApp.cpp]

動画でもご覧になれるようにx,y軸方向の動きによって、描画される四角の太さをそれぞれ変化させています。

問題点

服の柄によっては設定する閾値をわざわざ設定しないといけないのでリアルタイム性みたいなのは×です。
動きの変化の抽出やオプティカルフローを用いて詳細な動きの方向などを使うともっと面白くなりそうです。
あとは、kinectなどを使うといいかもです。