BLOG PAGE5

Unity 初心者がつまずいたこと 3D編

前回に引き続き、Unityの実装でつまずいた点をご紹介します。 今回は3Dに関することです。 GameObjectとは一体何なのか こちらに関しては公式のマニュアルに書いてある通りでした。 https://docs.unity3d.com/ja/540/Manual/GameObjects.html 兎にも角にもシーンに配置されたものはすべてGameObjectとなりますの

#Unity 2017.06.12
VIEW

Unity 初心者がつまずいたこと uGUI編

先日、スマホアプリをリリースしました。 「あるごん」という子供向けのプログラミング教育アプリです。 ダウンロードはこちら 3Dのブロック上にキャラクターを配置してリレーさせるというゲームで、Unityで実装しました。 Unity経験ゼロからのスタートでしたが、iOS/Androidの両方に対応したものを何とかリリースすることができました。 今までWebサイトのフロン

#Unity 2017.06.01
VIEW

画像認識 with chainer

chainerを使って画像に写っているものを識別させる学習と、学習後のモデルを使ったテストを行ってみました。 画像の識別には教師あり学習が必要なため画像と識別させたいものの名前のデータセットが必要となります。 これは多ければ多いほど精度が上がっていきますが、その分学習時間も長くなります。 今回はCIFAR-10という32×32の解像度の十種類の画像が学習用とテスト用で計6万枚のデータセット

#Deep Learning#python 2017.05.25
VIEW

chainerセットアップ for windows

chainer でディープラーニング chainerとはディープラーニング(深層学習)を行うためのpythonのライブラリのひとつです。 ここ数年多方面で盛り上がりを見せているディープラーニングですが、ディープラーニングのためのライブラリには有名なものがいくつか存在しています。 今回はその中のひとつのchainerのセットアップをしてみようと思います。今回はwindowsPCで行いますが

#Deep Learning#chainer#python 2017.05.22
VIEW

ウェアラブルEXPO2017 レポート#2

2017年1月18日[水]~20日[金]に東京ビッグサイトで開催された ウェアラブルEXPOという展示会の第1回に引き続き、第2回レポートです。 "圧電組紐(Piezoelectric Braided-Cord)" 関西大学とTEIJINが研究・開発している圧電組紐センサ 目を引いたのはチョーカー型の脈拍スマホ計測システムで、日本伝統の「飾り結び」を利用して回転・揺れ・脈拍等の

#report 2017.01.24
VIEW

ウェアラブルEXPO2017 レポート#1

2017年1月18日[水]~20日[金]に東京ビッグサイトで開催された ウェアラブルEXPOという展示会に行ってきたので、2回に分けてレポートします。 ウェアラブルEXPOとは? ウェアラブルEXPOは、ウェアラブル端末や、センサー、電子部品などの研究・開発を行っているメーカーや大学が、 ウェアラブルを業務活用したい企業や新規参入企業に向けて、新製品や開発中の製品を展示する場です。 毎

#report 2017.01.23
VIEW

openFrameworksセットアップ for mac

openFrameworksを始めよう openFrameworks 略して「oF」とは、創造的なコーディングのためのC++のオープンソースツールキットです。 巷では、processingやmax/mspなど含めクリエイティブコーディングなんて言われています。 デザイナーやアーティスト・建築家たちが容易にインタラクティブなコンテンツや創造的な表現が、高度なプログラミング知識なしで作れ

#openFrameworks#Xcode 2016.11.30
VIEW

照光式押ボタンの実装

こちらの記事でも書かれている「MONEY COLOSSEUM」という格闘ゲームを作る際に、Arduinoを使ったボタンを作成しました。 格闘ゲームというからには、ボタンというのも こういう、電子工作でよく見かけるタクトスイッチではなく、 こういう、いかにもゲームらしいボタンです。 必要な機材 1.ボタン×1 千石電商さんで取り扱われているOBSA-60UMを使

#Arduino 2016.11.30
VIEW

サインスマート6自由度ロボットアームのセットアップ

ロボットアームをいじってみる ロボットアームが手頃な価格で購入できる時代になり、いつかはいじってやろうと思っていたので、いじってみた感想とArduino・ロボットアーム初心者の僕がハマった落とし穴をメモ的に書こうと思います。 用意するもの 公式サイトのセットアップガイドを参考に SainSmart DIY 6-Axis Servos Control Palletizing

#Arduino#RobotArm 2016.11.30
VIEW

Raspberry Pi 3 Model Bのセットアップ

最新モデルを検討する イベント出展を目的とした自社プロジェクトで、ちょっとしたアミューズメント機器を作ることになったのですが、その中でRaspberry Pi 3 Model Bを使う機会がありましたのでセットアップ手順をまとめてみました。 以前に別のプロジェクトでRaspberry Pi 2を使おうか検討したことがあったのですが、その時は充分なパフォーマンスが得られず泣く泣くP

#RaspberryPi#Node#OpenCV 2016.11.25
VIEW