BLOG

Intersection ObserverAPIのモジュール化

・はじめに 記事ではIntersection ObserverAPIでの「画像の遅延ロード」を色んな案件で使用できるようにモジュール化しました。 ・Intersection ObserverAPIとは Intersection ObserverAPI とはIntersection=「交点」Observer=「監視」という意味であり、scrollイベントを使用せずに指定した要素とvie

#javascript 2020.06.03
VIEW

gifjsとjsgifの違い

初めに gifjsとjsgifともにgifを生成できるライブラリになっています。 ではどのように違うのか?調査してみました。 どう違うのか? jsgifもgifjsも核となっているjsは同じです。 ・LZWEncoder.js ・NeuQuant.js ・GIFEncoder.js この3つのjsが基本的に使われるjsです。 jsg

#javascript 2020.06.03
VIEW

Google for jobsに求人情報を掲載する

Google for jobsとは Google for jobsとは、Googleにて求人に関するキーワードを検索した際に、求人という項目で検索結果の特定の位置に表示される機能のことです。 Google for jobsに掲載されることで、検索広告に次いでページ上部の項目に表示されるため、検索結果からの流入増加などのメリットが期待できます。 掲載の仕組み Google

#Google for jobs#SEO 2020.05.28
VIEW

iOSからWatchOSとのConnectivity with SwiftUI

はじめに 今回は、Swift UI をはじめ進化したXcode11を試していくということで、 iOSとWatchOSを連携させてみたいと思います。 Swift UIが発表されてしばらく立ちますが、まだまだ知見が少ないように感じているので共有していきます。 「Apple Watch Appで心拍データを取得する(With Swift UI)」 「SwiftUIで棒ゲージとリング

#WatchOS#iOS#Swift5#SwiftUI 2020.03.03
VIEW

ARKit3でObject Trackingする With Unity

はじめに 今回は、iOS向けのARのフレームワークであるARKitがバージョン3になって 機能が追加され、Unityからの開発方法が少し変わったみたいなので、色々試してみたいと思います。 前回ARKitとARCoreを比較した際にARKit特有の機能の一つであるObject Trackingというのが色々できそうだったので、試して行きたいと思います。 開発環境 以下の環境でテ

#ARkit3#AR#ARkit#Unity#機械学習#物体認識 2020.02.14
VIEW

AR Kit vs ARCoreのどっちを使おう?with Unity

はじめに ARことAugmented Realityは、筆者としても大注目の分野で、高性能化に加えて、技術的なハードルも下がりつつ、簡単に試せるようになってきています。 例えば、SparkARは、顔や画像検出をベースにしたARを簡単なGUI操作だけで作ることができ、オリジナルのInstargramフィルターを作ることができます。 もう少し本格的なARアプリ開発ツールとして、Appleが開

#AR#ARCore#ARkit3#Unity 2020.02.12
VIEW

SwiftUIで棒ゲージとリングゲージをつくる in Apple Watch

はじめに 今回はSwiftUIを使って、AppleWatchアプリのヘルスケアやワークアウトでよく見るリングゲージを作ってみたいと思います。 Apple Watchでよく見るバッチ?というか、円形のグラフ?というか、円状でリングを閉じていくあのグラフです。 Digital Crownでパラメータを取得して簡単な棒ゲージを作りつつ、リングゲージを動かせるデモを作っていきたいと思います。

#SwiftUI#UI#WatchApp#リングゲージ#棒ゲージ 2020.01.28
VIEW

Apple Watch Appで心拍データを取得する With Swift UI

はじめに タイトルの通りApple Watch アプリケーション開発を進めていきます。 今回はHealth Kitにアクセスして心拍の取得を行えるアプリケーションを作っていきます。 また、Xcode11から本格導入された、Swift UIを使って簡単なUIを作っていきます。 開発環境 OSX Catalonia 10.15.2 Xcode Version 11.3

#HealthKit#Swift5#SwiftUI#Watch 2020.01.22
VIEW

JavaScriptで動画プレイヤーを自作する -後編-

はじめに JavaScriptで、一から動画プレイヤーを自作しました。 前編では動画の再生停止、速度調整、時間表示を実装しました。 今回はシークバーや音量バーなど、クリックした位置の座標を使用した機能の実装を解説します。 目次 【後編】 5.シークバーの実装 6.音量ボタンの実装 7.音量バー/音量表示の実装 実装の手順 5.シークバーの実装 [h

#javascript 2019.12.23
VIEW

JavaScriptで動画プレイヤーを自作する -前編-

はじめに JavaScriptで、一から動画プレイヤーを自作しました。 ブラウザ上で動画を再生したいとき、YouTube動画を埋め込むことが多いと思います。 しかし、デザイン上の調整やカスタマイズがあまりできないため、 自由にカスタマイズがしやすい動画プレイヤーを制作しました。 前編、後編に分けて制作手順を解説します。 どんな人に読んでほしいか JavaScriptを

#javascript 2019.12.23
VIEW